抗真菌薬って何?何に使うの?という方は当サイトでその有効性について学びましょう。抗真菌薬は主に水虫治療に使われます。すばらしき抗真菌薬について解説します。

  • ホーム
  • 尋常性の皮膚炎を抗真菌剤とイソジンで退治

尋常性の皮膚炎を抗真菌剤とイソジンで退治

ありふれた皮膚のトラブルとして尋常性を持つものはいろいろとあります。
ニキビや湿疹、水虫の尋常性がある皮膚炎です。
足の指にできたから水虫であると判断して、市販の抗真菌剤を使うのは良い治療法ではありません。
足にできる皮膚炎として水虫とみるのは確率的に高いですが、他の病気の可能性もあります。
市販で売られているからと言って病院よりも強くない医薬品と想像する人が多いですが、抗真菌剤はどの医薬品も強いです。
水虫ではない症状で抗真菌剤を使用すると、周囲の皮膚がかぶれてしまうことも考えられますので、初めての治療は病院に行くことをおすすめします。

水虫や脂漏性皮膚炎、もしくはカンジダ症の真菌や細菌がもたらす症状でイソジンも効果があります。
ただイソジンは消毒をするだけですので、根本的な治療には向いていません。
洗浄するときにイソジンを用いると、効果的な治療をすることができます。
ただ水虫の消毒としてはあくまでも表面の真菌を退治するだけです。
消毒液等に浸透性はありませんので、抗真菌剤は必ず必要になります。
真菌というのは、皮膚の奥にまで根付いており、患部だけではなく周囲まで浸食していることがあります。
症状が出ていないからといって、周囲に抗真菌剤を塗布しない人も多いですが、必ず塗るようにしましょう。
抗真菌剤の正しい使い方は広く、塗りこむことです。

消毒液はいろんな菌を殺菌してくれますが、抗真菌剤のような浸透性は持っていません。
また消毒液はほかの皮膚にまで影響を与えますが、抗真菌剤は真菌にターゲットを絞って退治をしてくれます。
水虫に関しては大変適している医薬品ですので、使用方法を守って正しく使い、真菌がもたらすトラブルを解決してください。