抗真菌薬って何?何に使うの?という方は当サイトでその有効性について学びましょう。抗真菌薬は主に水虫治療に使われます。すばらしき抗真菌薬について解説します。

  • ホーム
  • 抗真菌薬はどんな病気に有効?

抗真菌薬はどんな病気に有効?

女性の脚

抗真菌とは文字通り真菌に対して治療の効果を発揮する医薬品で、真菌とはカビや酵母の仲間を専門的に置き換えた言葉です。
住宅の壁やキッチンで黒や緑色で繁殖するカビがありますが、同じ系統の仲間で、空気中に胞子として漂っていたりヒトの身体に最初から常在菌として存在します。
何らかの原因によって皮膚の中や体内の臓器に侵入し、増殖を繰り返すことで人体に影響を与えるのが真菌性の感染症で、最も有名なものに足に感染する水虫があります。
カビは元々高温多湿を好む傾向にあるため、蒸れやすい靴を履く足や、下着によって湿気が含まれる性器に多く感染します。
また、頭皮にも存在し、皮脂を好んで食べる菌種も存在します。

真菌による感染症は皮膚に寄生することで増殖をする表在性真菌症と、体内の臓器に侵入することで広がる深在性真菌症に分けられ、外用薬または内服薬のどちらかを使用して治療することになります。
そのため、症状によって抗真菌薬が使い分けられるので、どの抗真菌薬も同じ効果を発揮するというわけではありません。
また、作用機序によって系統が分けられ、症状や菌種によって効果があるものも異なってきます。
抗真菌薬で治療できるのは白癬菌による水虫、たむし、カンジダによるカンジダ症、クリプトコッカス症、アスペルギルス症、ニューモシスチスによるカリニ肺炎、マラセチア菌による脂漏性皮膚炎、癜風といった症状を治療することができます。
ちなみに、真菌は細菌やウイルスと同じ原生微生物のひとつで、それぞれに対応した治療薬が必要となるため、抗真菌でウイルスの治療、抗生物質で真菌の治療といったことはできません。
必ず症状に合わせて使用する治療薬が変わるので、正しい知識を身につけて治療を受けることが大切です。

サイト内検索
人気記事一覧